野菜情報

太陽の恵みを感じられるお野菜『フルティカトマト』のご紹介と来週お野菜ラインナップのご紹介

更新日:

毎度ありがとうございます!
yaotomiウェブショップですm(_ _)m
春本番を迎え、新年度を迎えて1週間。
日が長くなり、太陽の日差しが暖かく
感じられるようになってきましたが、
いかがお過ごしでしょうか?
今回は、太陽の恵みを感じられるお野菜
『フルティカトマト』のご紹介です。

トマト フルティカ

フルティカトマトの特徴は
①糖度が高い
②1個の大きさが中玉で手ごろなサイズ
③リコピンの含有量が多い

果肉は滑らかで弾力性があり、
食感のよい品種です。
果皮は薄くて口に残りにくく、
ゼリーの飛び出しが少ないです。
酸味が優しく、
その分甘さが引き立っているように感じます。
生のままサラダに使うのはもちろんですが、
コクがあり加熱調理にも向いています。

フルティカトマトの栄養

フルティカには、栄養素「リコピン」が
他のトマトに比べて非常に多く含まれています。
リコピンは 美容効果や
老化防止効果がある とされてます。

リコピンは加熱することによって細胞壁が壊れ、
リコピンを吸収しやすくなります。
その効率は、
生で食べる時の2~3倍にもなります。
「トマトジュースを飲むとき、
朝昼晩どの時間帯がリコピンの吸収率が良いか」
と試験研究(カゴメ)をしたところ、
朝がいちばんリコピンの吸収が良いことが
明らかになりました。

リコピンには「抗酸化力」という力があり、
この「抗酸化力」によって、
がんを引き起こす原因の一つである
「活性酸素」を体内から
取り除いてくとされています。

がん予防のために
トマトを食べるという研究は
昔から繰り返し行われ続け、
トマトを食べる回数が多い人の方が
がんのリスクが低いとされてます。

どんな食べかたがあるの

材料 (3人前)

・ベーコンパック(約100g)
・シャドークイーン(じゃがいも)1個(150g)
・新玉ねぎ1/2個(100g)
・フルティカトマト1パック
・サラダ油大さじ1 ・バター大さじ2
・薄力粉大さじ3 ・牛乳300ml
・塩小さじ1 ・こしょう少々

作り方


1.フライパンにサラダ油を熱し
薄切りにした玉ねぎと細きりにした
じゃがいも(シャドークイーン)を
透き通るまで炒める。

2. 薄力粉、バターを入れ
弱火で粉っぽさがなくなるまで炒める。

3. 牛乳を3〜4回に分けて入れる。
入れるたびによく混ぜるとダマにならない。
塩、こしょうも入れ、よく混ぜる。

4. ヘタを取り横半分に切ったトマトを
入れて出来上がり!

クリームソースとトマトの酸味で
美味しい一品に♪

そんな『フルティカトマト』を
4/12(火)23:59までに
ご注文いただきますと、
旬のお野菜ボックスにお入れして
単発便ご注文の方は4/16日(土)に
お届けさせていただきます♪

▽初めての方はこちら▽
https://www.yaotomi831.jp/fs/yaotomi/gr30/gd261
▽旬のお野菜便はこちら▽
https://www.yaotomi831.jp/fs/yaotomi/gr30/gd96

▽今週のお野菜はこちら▽

(Sサイズのお客様5品)

・(愛知県常滑市) 横田農園さん
 【特別栽培】
フルティカトマト

・(愛知県半田市)有機農園さん
【農薬・化学肥料不使用】
マシュマロカブ

・ (愛知県阿久比町)野菜の城さん
【有機栽培】
新玉ねぎ

・ (三重県伊賀市) 木村ファームさん
【有機栽培準拠】
葉ネギ

・(徳島県) 栗田商店さん
【農薬・化学肥料不使用】
シャドークイーン

(Mサイズのお客様7品:Sサイズにプラス2品)

・(鹿児島県) 東山ベジフルさん
【有機栽培】
ビーツ

・ (三重県伊賀市) 谷農園さん
【有機栽培準拠】
ほうれん草

(Lサイズのお客様9品:Mサイズにプラス2品)

・ (三重県伊賀市) すずめ農園さん
【有機栽培準拠】
わさび菜

・ (三重県伊賀市) 手づくり農園さん
【有機栽培準拠】
ケール

※収穫の都合上、水曜日又は土曜日
 のみのお届けとなります。

※鮮度保持のため、北海道、九州・沖縄方面は
 発送しておりません。

※お野菜の生育状況や天候などにより
品目を変えさせていただく場合がございます。

美味しい旬のお野菜をお野菜定期便で
ぜひご堪能下さいませ 。

今回もお読みいただきまして
ありがとうございました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image.png です

-野菜情報

Copyright© スタジオCHITA by yaotomi OFFICIAL BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.